魂の色でわかる特別な人達

水晶

新たな時代を切り開く使命

スピリチュアルの世界を信じている皆さんは、インディゴチルドレンという言葉を聞いた事はありますか。インディゴチルドレンとは特別な使命を持ち、自分で地球という地を選び生まれてきた、魂のグループを指します。特別な使命とは、古い概念を打ち破り新時代を切り開くという壮大な使命の事です。このような概念は、アメリカ人の心理学者、ナンシー・アン・テッペという方が、魂の色をもとにして定義し生まれたものです。それぞれのカラーを持つ方の行動や影響力を貫性パターンで識別し、目的などの使命を明確にしました。このタッペ氏は魂の色を見分けることができるとされ、もともとは11色に分類されていたのですが。1960年代以降は12色になりました。新しく加わった色がインディゴブルーというカラーで、インディゴという言葉は魂の色の事をいいます。インディゴブルーのカラーを持つ方たちには、時代遅れの古い考え方を壊し、新たな時代を切り開くために生まれてきたと、研究の結果、判明するにいたりました。インディゴブルーのカラーを持つインディゴチルドレン達は、独特の感性を持ち、彼らの思考や価値観は一般の方たちとは違いがあるのが特徴です。このため、社会ではインディゴチルドレンを受け入れづらい事もあり、インディゴチルドレン達本人も戸惑いを感じる事が多いです。場合によっては精神疾患と判断されるケースもあります。もし、あなたの周りで独特の思考を持ち、変わってると思うような方がいたら、もしかしたらその方は、インディゴチルドレンかも知れません。